MEETSHOP

法人向け健康経営プログラムMEETSHOPが提供する
法人向け健康経営プログラムについて

● ご存知ですか? ●

業務中の急激な眠気で悩んでいる方は、
社員全体の約68%(※当社リサーチ)

食後の眠気や疲労感・イライラは、血糖値の急上昇/急降下によって起こり得る症状です。このような食後血糖値の急変化は「血糖値スパイク」と呼ばれています。「血糖値スパイク」は動脈硬化の原因になるとも言われ近年は注目が集まっており、NHKスペシャルなどでも度々取り上げられています。急激な眠気を集中力を奪い、社員の生産性を著しく低下させます。

法人向け健康経営プログラムイメージ

貧血と血糖値スパイクの解消を目指すことが
基礎体温37度を実現する

わたしたちは独自の科学的ロジックを用い基礎体温37度を目指していく過程で、貧血と血糖値スパイクの二つの症状を解消していくことを目指します。貧血を「血液の酸欠」と定義し全身の細胞の酸素不足からくる体調不良の改善を目指します。血糖値の短期的な乱高下である血糖値スパイクには主に食生活と生活習慣の改善からアプローチします。

顧客ペインの解消イメージ

眠気による生産性の低下が引き起こす影響とは

従業員の眠気により生産性の低下は、食事の1〜2時間後に約2時間程度生産性が低下すると言われています。100人規模の企業の場合68%の従業員が2時間の生産性低下で、2hx100人x68%x21日=2856h/月のロスが発生してしまいます。

● MEETSHOPの健康経営プログラム ●

  • テクノロジーによる組織の自律神経を見える化
  • ワークショップによる個々の課題の把握
  • コーチングによる組織と個人への伴走支援

MEETSHOPの健康経営プログラムは、職場みんなでパフォーマンスアップの方法を身につけるための3~6ヶ月のプログラムです。専用のヘルステックで社員の自律神経を可視化。データをもとに一人一人にあった改善プランをご提案。基礎体温を上げることがカラダの抵抗力を高めパフォーマンスアップの下地を作ります。自社店舗サンナナサロンで培った延べ1,000回以上のコーチングノウハウをご提供します。